「ほっ」と。キャンペーン

58 SPIRIT

カテゴリ:OKINAWA life( 17 )

Happy new year !

b0139415_12314728.jpg


新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。
by terufrscs | 2017-01-02 12:33 | OKINAWA life

Bon Voyage !

無事に乗船し、船上のヒトとなりました。


b0139415_2153545.jpg



当面は新たな生活への準備を整え、しっかりと根付けるようにしたいと思います。
今後も " 58 SPIRIT " でいろいろと情報を発信していきたいと思います。引き続きよろしくお願い申し上げます。
by terufrscs | 2012-03-19 21:50 | OKINAWA life

home

今回は少し遠回りをしましたが、ちゃんと " 自称 " 帰省もして参りました。


b0139415_21534630.jpg



今回もいつもと変わらぬ帰省でした。


b0139415_223215.jpg


いつものところで同じものを食べます。毎回同じ画像のようですが、毎回ちゃんとその度に撮影いたしております(笑。
全く飽きないのはやはり性に合っているのでしょうね。


しかし!
今回は新しい発見をしました。


まずはコレです!

b0139415_2230382.jpg


「うむくじぶっとうるー」
たーんむの澱粉を出汁に溶かして焼いたのもだそうで、食感はひらやーちのお餅版といった感じで何とも素朴な味でした。
ん~、食文化は奥が深いものです・・・



b0139415_22284543.jpg


そして画像とは無関係ですが、帰省で初めて海水のなかに入りました。と云っても33℃に温めた海水のなかでしたが(笑・・・。
翌日は足が軽い筋肉痛でしたが、心地よいプログラムのお陰で身も心もリフレッシュできました。
現地では足げに通いたいなぁ~と思いました。


最後に今回の帰省の主目的とも云える実務的な用件を済まして、バタバタで飛行機に乗り込み慌しい帰省を終えました。

行く度に戻りたくはなくなるのですが、いずれは戻りたくとも戻れなくなるのだろうと思っています。
それはそれでいいのだと考えています。

バタバタで・・・
by terufrscs | 2011-09-05 21:59 | OKINAWA life

Penshoku

今回の " 自称 " 帰省は、ついで的に少し足を伸ばしてきました。


b0139415_11211969.jpg



この春、テレビを見ているとお店が紹介されていて、その時のゲストが美味しそうに食べている姿がなかなか脳裏から離れませんでした。それなら " 帰省 " ついでに行ってみよう!ということになり行って参りました。


b0139415_1133999.jpg

はじめからビールが進んじゃいます。


b0139415_11353964.jpg

" ペン食 " といえばこれでしょう!


b0139415_1141219.jpg

〆は " スーチキすば " 。
ご馳走さまでした!はるばる行った甲斐がありました。


b0139415_114763.jpg

勿論、お約束のモノもゲットしてきました。


関連情報URL : http://penshoku.com/

More
by terufrscs | 2011-09-04 11:16 | OKINAWA life

typhoon

当地への直撃は免れたようですが、久々に台風の襲来です。
被害を受けられた方々にお見舞い申し上げると共にこれ以上被害が拡がらないことを願います。



b0139415_12191791.jpg




ちょうど先週の今頃は現地で別のヤツの動きにヤキモキしていましたが、結果的にはその影響はほぼ皆無でありました。
しかし、戻ってきて既に通り過ぎていると高を括っていたヤツにまたヤキモキするとは、やはり先のコトは読めないですね。
何があっても慌てないように進んでゆきたいと思います。
by terufrscs | 2011-09-03 12:26 | OKINAWA life

wanted


こんなのが欲しい!



b0139415_0344732.jpg




外観はこんな感じで、内は少々ミスマッチとも思えるモダンさで・・・。


クルマ?

コペンとビッグスクーターで十分!
by terufrscs | 2010-11-04 00:39 | OKINAWA life | Comments(0)

vacation

今年も自称 " 里帰り " をして参りました。


b0139415_23482742.jpg



別に何をするワケでもありません。
海にも入りません。
ただ " そこ " にいるだけでいいのです。


b0139415_23544637.jpg



今回は少し " パワー " をもらいました。

恒例の・・・
by terufrscs | 2010-09-02 23:49 | OKINAWA life | Comments(2)

on-site investigation vol. 3

" 現地調査 " は続きます・・・。

恒例、 " おそば " のお店編です。

第一弾は " 大東そば " 。
b0139415_22273451.jpg

この " 大東 " とは台風のニュースでよく耳にする " 南大東島 " の " 大東 " です。
お店の外観、何とも云えない雰囲気が漂っています。では、早速 " おそば " をいただきましょう!
b0139415_22362192.jpg

" 大東そば(中) " です。麺が本島の " おそば " に比して太く、見た感じは " うどん " のようです。
歯ごたえも申し分なく、たいへん美味しくいただきました。

大東島と言えば、 " 大東寿司 " を忘れてはいけません。
昨年、ようやく食することができましたが、ここでも勿論、いただきました。
b0139415_22472343.jpg

この " 大東寿司 " はネタがさわらなどをタレにつけたいわゆるづけ寿司のことで、一種の保存食です。発祥は八丈島だそうです。そう言えばかなり以前に小笠原の父島に行った時にもこれによく似た " 島寿司 " を食べたことを思い出しました。
この " 大東寿司 " は是非、試してみる価値ありです。ご馳走さまでした!


第二段は、ちょうど渦中の場所にある " 中山そば " 。
b0139415_232795.jpg

ここのお店はやや広めで、幹線道路に面しているため駐車場完備です。

b0139415_2362992.jpg

" ソーキそば " 。 透明なスープが印象的です。

b0139415_2382045.jpg

" 三枚肉そば " 。 三枚肉がぶ厚いです。
こちらでもたいへん美味しくいただきました。ご馳走さまでした!

同じ " そば(すば) " でも、地域によって微妙に違うんですね。やはりこういうのは実際に足を運んでみないと分からないモノです。
次回は更にマニアックなお店を訪ねてみたいと思います。

すでに・・・
by terufrscs | 2010-01-27 22:33 | OKINAWA life | Comments(2)

on-site investigation vol. 2

現地のことは地元の方々が通われる " お店 " に行かないと分かりません・・・。
ということで、早速 " うりずん " へ。

b0139415_14464219.jpg

" うりずん " とは沖縄の旧暦2、3月のころを指すおもろ語。麦が春の大地に生き生きと生育する季節。雨の降りはじめ(天候)か熟れはじめ(作物)大地が潤いはじめる頃のことをいうそうです。
何とも云えず心癒される " 言葉 " で、その " 意味 " にも奥の深さがあります。


偶然にもこの日は今年の " ムーチーの日 " 。
ムーチー(鬼餅)とは、餅粉に水を加えて練り、平たく長方形にして、サンニン(月桃)の葉に包んで蒸したモノ。白糖味の白餅、黒糖味の黒糖餅、紅芋味の紅芋餅が主なムーチーだそうです。

b0139415_1542445.jpg

いただいたのは黒糖餅。素朴な味わいで、ホントに心が癒されます。

昔から沖縄では、ムーチーは縁起のいい食べ物だそうで、毎年、旧暦の12月8日(ムーチーの日)にムーチーをかまどや仏壇、神棚などに供え、家族の健康を祈り、厄払いをするそうです。子供の歳の数だけ天井からムーチーを吊す「サギムーチー」や・・・
b0139415_15111852.jpg

(すでにマワッテしまい、ピンボケですいません・・・)

初めての赤ちゃんとムーチーの日を迎える家が親戚や近所にムーチーを配って歩く「初ムーチー」などの慣わしもあるそうです。
ムーチーがお店や家庭に姿を見せる時期になると、沖縄もようやく寒さが厳しくなり始めるのだそうで、ムーチーは沖縄の人々にとっては冬の到来を告げる風物詩でもあるそうです。

確かに風が強くて寒かったハズです・・・。
by terufrscs | 2010-01-26 15:19 | OKINAWA life | Comments(0)

on-site investigation vol. 1

" 現地調査 " から戻って参りました。

b0139415_2254331.jpg


既に結果が判明しているようですが、新たな発見もありました。
詳細は追々と・・・。

このお方も・・・
by terufrscs | 2010-01-24 22:07 | OKINAWA life | Comments(0)